MENU

自宅でスケーリングはオススメ出来ない

スケーリングとは、スケーラーと呼ばれる専用の器具を使用して、歯石を取り除く方法です。
歯石は、日々の歯磨きでは、取り除く事が出来ません。
そして歯石をそのまま放置すると、歯周病や虫歯の原因となってしまいます。

 

そのため3〜6ヶ月に1度のペースで歯科医院へ訪れて、スケーリングをしてもらう事が望ましいと言えます。
歯周病予防、虫歯予防に効果的なので、歯科予防の一種に含まれます。
スケーリングは、歯周病の人に限り、医療保険適用内で行う事も可能です。
 

 

ですがより丁寧に歯石を取り除きたい場合は、自由診療の方をオススメします。
自由診療なので、保険が適用されずに、料金は高くなりますが、その分予防効果はアップします。

 

ちなみにスケーリングは、自宅にて自分で行う事も可能ですが、リスクと注意点について紹介します。
自分で歯石を取り除くのに、必要な道具は、デンタルフロスとスケーラーです。
個人で入手可能なスケーラーは、鎌型タイプのスケーラーで、ネットで購入可能になっています。

 

自宅で使用する場合には、必ず使用前にアルコールや熱湯で消毒を行ってから使用して下さい。
そしてスケーラーを使用する際に注意して欲しい事は、歯や歯茎を傷つけないようにする事です。

 

使い慣れない器具なので、扱いが難しく、また素人では虫歯と汚れの区別がつきません。
虫歯にスケーラーを当ててしまうと、虫歯を悪化させる可能性があります。
そのため慎重に、1mm程度動かしながら歯石を除去していきましょう。

 

また歯石を取り除いた後は、口内に歯石のカスが残らないように、しっかりうがいをして、口内を清潔な状態に保って下さい。

 

自分で歯石の除去をする場合、歯科医院でスケーリングしてもらうほど、効果はありません。
あまり効果がないうえに、歯や歯茎を傷つけてしまったり、虫歯を悪化させたりするリスクがある事を考慮すると、自分でする事はオススメ出来ません。

関連ページ

自費と保険適用、入れ歯はどっちが良いの?
自費と保険適用、入れ歯はどっちが良いの?
虫歯が痛くても特定できない理由
虫歯が痛くても特定できない理由
赤ちゃんの歯磨き事情について
赤ちゃんの歯磨き事情について
お歯黒とホワイトニング
お歯黒とホワイトニング