MENU

セカンドオピニオンは患者の権利

「セカンドオピニオン」という言葉を聞いた事がありますか?
「セカンドオピニオン」とは、より良い治療を受けるために、今治療を受けている先生とは別の先生の意見を聞く事です。

 

先生によって、経験も違えば治療方針も異なります。
そのため治療を受けている最中に、本当にこの治療方法が最適な治療なのだろうか?
そんな不安な状態で治療を受ける事は、精神的によくありません。

 

素人が専門医の治療内容に不満や疑問を持つなんて間違っている。
先生はきっと最良の治療をしてくれているはずだと、信じていると考える人もいるかもしれません。
ですが先生が複数人存在すれば、治療方針が必ずしもいつも同じとは限りません。

 

それにどんな治療法にも、メリットがあればデメリットもあります。
治療をしてくれている先生は、Aという治療のメリットを重要視したとしても、あなたはそのデメリットが気になってしまうかもしれません。そしてBという治療の方がよりメリットが大きいと考える医師の意見に、賛成するかもしれません。

 

もちろんセカンドオピニオンで、別の先生の話を聞いた上で、やっぱりそのまま今の先生に治療を続けてもらうという選択肢を選んでも構いません。

 

先生の方も、セカンドオピニオンを希望したからと言って、機嫌が悪くなったりしません。
なぜならセカンドオピニオンとは、患者がより良い治療を受けるための権利だと言えるからです。
では、歯科医院でセカンドオピニオンをすると有効な治療とは、どのような治療なのでしょうか?

 

考え方としては、治療法が多岐に渡ったり、治療期間が長い治療だったりした場合は、先生によって治療方針が大きく異なりがちです。重度の歯周病治療やインプラント治療、審美歯科治療や矯正治療などの治療が該当します。

 

板橋区役所前 ゆい矯正歯科http://yui-oc.com/

関連ページ

審美歯科と矯正歯科ならどちらを選ぶ!?
審美歯科と矯正歯科ならどちらを選ぶ!?
良い歯医者さんとは、どんな場所?
良い歯医者さんとは、どんな場所?
妊娠中に虫歯になりやすい原因
妊娠中に虫歯になりやすい原因