MENU

お歯黒とホワイトニング

「お歯黒」という言葉を聞いた事がある人も多いかもしれません。
お歯黒とは、日本の平安時代の女性の間で成人した印として、歯を黒く塗る文化が存在しました。
現代の日本人からすれば、なぜそんな変な文化が流行ったのか理解出来ないかもしれません。

 

しかしこのお歯黒の文化は、実に1000年以上続いたと言われています。
そしてお歯黒文化は、実は歯の健康面から見ると、いい習慣でもあったのです。
なぜお歯黒が歯の健康にいいのかというと、まず歯を黒く塗るためには、歯の汚れをしっかり落とす必要があります。
黒く塗りたいのに、一部だけ歯が汚れて白い部分があると、格好悪いためです。

 

そのため当時の女性は、お歯黒をするために、事前にしっかりと歯を磨いたと言われています。
そしてお歯黒が歯の健康にいいのは、それだけではありません。
お歯黒の成分は、タンニンが含まれていて、このタンニンが歯質タンパク質を収れんさせて歯の腐敗を防止します。
当時の人が歯の健康にタンニンの成分がいいという事を知っていたのかどうか分かりません。

 

ですが結果論として、お歯黒をするという行為は、歯の健康にとって非常にいいものだったのです。
実際に、1000年続いたお歯黒文化の最後の継承者と言われる女性が昭和50年代に、96歳で存在しました。
そしてその女性の歯は、96歳と思えないほど若々しく健康的で、虫歯もほとんどなく50代の歯齢だったという記録が残されています。

 

もちろん現代社会で、お歯黒が歯の健康にいいと分かったところで、歯を黒く塗って生活を送る事なんて出来ません。
ですが今は医療も進歩し、ホワイトニングがお歯黒の代わりとなるのではないでしょうか?
汚れを落として歯を白くし、歯を白くする成分には歯を健康にする効果も含まれています。

 

ホワイトニングを検討しているならノア歯科クリニック中目黒がおすすめ