MENU

妊娠中に虫歯になりやすい原因

妊娠中は、お腹の中の胎児にカルシウムが流出するから、妊婦は虫歯になりやすい。
そんな話を聞いた事がありませんか?

 

しかしながら、この話は全くのデタラメで、妊娠中だからといって一度形成されたカルシウムを胎児に奪われる事は、科学的にありえない事です。

 

ですがなぜこのような俗説が信じられているのかというと、妊娠中に虫歯になりやすいという部分は事実だからです。

 

妊娠中に虫歯になりやすい理由は、いくつかの原因が重なっています。
まず妊娠中はつわりがひどい時期だと、歯ブラシを口に含んだだけでも、気持ちが悪くなってしまいます。
そのため、歯磨きがおろそかになり、磨き残しが増えてしまった結果、虫歯になります。

 

他にも妊娠中になると、嗜好が変わり、急に特定の食品ばかり食べたくなるという症状が現れます。
この嗜好の変化が原因で、虫歯になるケースもあります。

 

妊娠中は女性ホルモンのバランスが崩れやすい時期でもあります。
そのため女性ホルモンのバランスが崩れた結果、妊娠性歯肉炎や妊娠性エプーリスなどの症状が現れやすくなります。

 

 

 

このようにお口のトラブルが妊娠中は、起こりやすいため歯のケアには特に注意が必要だと言えます。
あと妊娠中でお腹が大きくなると、歯科医院へ行きたくてもなかなか行く事が出来ません。
そのため妊娠中に、適切な歯の治療を受ける事が出来ずに、虫歯が進行し、悪化するという人も少なくありません。

 

このような様々な理由が重なり、妊娠中は虫歯になりやすい状態になるために、俗説に信憑性が生まれてしまったのでしょう。

関連ページ

セカンドオピニオンは患者の権利
セカンドオピニオンは患者の権利
審美歯科と矯正歯科ならどちらを選ぶ!?
審美歯科と矯正歯科ならどちらを選ぶ!?
良い歯医者さんとは、どんな場所?
良い歯医者さんとは、どんな場所?
虫歯だとなれない職業があるって本当?
虫歯だとなれない職業があるって本当?
歯が痛くても虫歯とは限らない
歯が痛くても虫歯とは限らない
歯医者嫌いを克服する方法
歯医者嫌いを克服する方法
アメリカで歯科技術が発達した理由
アメリカで歯科技術が発達した理由